お客様からよくいただくご質問を掲載しています。

水回り編

キッチンの水栓からポタポタと水が漏れている

アドバイス

水量を調節するためのカートリッジと呼ばれる部品を取り替えることで、すぐに解決することができます。
水垢や汚れが付着していると水漏れの原因になるので、蛇口まわりなど、こまめに掃除することをお勧めします。(掃除をする際は優しく!)
必要以上に力を入れたりすると、部品が傷付いたり、すり減ってしまいます。
お手入れ方法なども弊社担当者にお気軽にお尋ねくださいね。

トイレが詰まった

アドバイス

近年、節水型のトイレが多く使用されており大量のトイレットペーパーを一度に流そうとしたり、掃除の時に流せるはずのクリーナーシートがうまく流れずに起きることがあります。
ラバーカップ(スッポン)を持っていれば、ゆっくりと押し込み、力を入れてグッと引きます。それで取りきれなければ、お気軽にお問い合わせください。

トイレの水が流れっぱなしで止まらない

アドバイス

タンク内には給水するためのボールタップという部材があり、浮き玉が下がることで給水し、水位とともに上昇することで水が止まる仕組みになっています。
ところが、浮き玉が上がりきらないことで流れっぱなしになることがあります。
また、タンク底にあるバルブが開閉することで、水を流したり止めたりするのですが、それが経年劣化で磨耗して水が漏れ出してしまうこともあります。
ボールタップ、バルブを交換すればほとんどの場合は直ります。

洗面所で水栓からポタポタと水漏れ!

アドバイス

水漏れは、排水管接続部のパッキンの経年劣化が原因として多くあります。
パッキンは、メーカーごとに種類が異なるので取り寄せが必要になる場合もあり、応急処置として止水テープやコーキング剤を使って、水漏れを防ぎます。
おおよそ10年前後で、パッキンは磨耗してきますので、長年使用していると取り替えが必要です。

浴室のシャワーの温度がぬるく感じる

アドバイス

温度調節部分(サーモスタット)の劣化による不具合が考えられます。
部品を取り替えればほとんどの場合は直ります。

浴室のお風呂のお湯が少しずつ抜けていく

アドバイス

バスタブの水位が時間をかけて低くなるのは、ゴム栓の劣化、排水の栓が劣化して蓋が完全に閉じていない、配管接続部のパッキン磨耗の原因が考えられます。
部品を取り替えればほとんどの場合は直ります。

コンロ編

コンロの火のつきが悪い

チェックポイントアドバイス
電池の消耗かも?電池が消耗すると点火できません。新しいアルカリ乾電池への交換をおすすめします。
バーナーキャップがぬれていませんか?お掃除の後や、調理中にお水がこぼれたなど、点火部分が水にぬれると点火できないことがあります。 バーナーキャップを拭いてみてから、再度ご利用ください。
バーナーキャップはズレていませんか?バーナーキャップがキチンとはまっていないと、うまく火がつかない場合があります。 うまくはまらない、斜めになっているなどの場合は、取り付け直すことをおすすめします。
火はつくが、手を離すと消火する。部品の劣化の可能性があります。修理のご依頼をおすすめします。
火がついたり、つかなかったり。バーナーまわりが汚れていませんか?バーナーキャップや点火プラグの汚れを落とすと改善することがあります。バーナーキャップは外して、食器洗い用洗剤で水洗いできます。濡れた水気をよく落としてからご利用ください。
ガスソフトコード(ゴム管)は折れていませんか?ガスソフトコード(ゴム管)での接続の場合、途中でガスソフトコードが折れ曲がっているとガスがうまく供給されず点火ができなくなります。

給湯器編

お湯が出ない

チェックポイントアドバイス
お湯の量が少なくありませんか?給湯栓から流れるお湯の量が一定の水量以下になったとき、給湯器は消火します。お湯の量を多くすれば、お湯の温度は安定します。
お風呂浴槽内のフィルターは汚れていませんか?浴槽内のフィルターが汚れていると温まりが悪くなります。 浴槽内のフィルターが汚れている場合は、歯ブラシなどで掃除してから正しく取り付けてください。
リモコンにエラー番号の表示は出ていますか?給湯器自体に不具合が発生しております。お気軽に当社へご連絡ください。
台風や大雨のとき(給湯器が屋外設置型)雨や湿気で点火不良を起こしている可能性があります。
雨が降り続いている間は修理することができません。

雨上がり後、しばらくすると機器内の水滴や湿気が乾いて正常に使える可能性があります。
解決しない場合は、電話でもネットでもお気軽にご連絡ください。
外気温が低い(氷点下)給湯器につながる給水および給湯の配管が凍結している可能性があります。
気温が上昇して自然に解凍するまでお待ちください。

予防やどうしても使用したい場合は、冬場の給湯器凍結をご覧ください。
解決しない場合は、電話でもネットでもお気軽にご連絡ください。
大きな地震があったガスメーター(マイコンメーター)が揺れを感知してガスを自動で止めた可能性があります。
マイコンメーターがガスを止めた場合は、お客さま自身の簡単な操作で、問題なければすぐにガスをお使いになることができます。

詳しくは、メーターの復帰方法をご覧ください。
解決しない場合は、電話でもネットでもお気軽にご連絡ください。

その他ガス機器編

ガスの床暖房があまり暖かくならない

チェックポイントアドバイス
床暖房のリモコンに直射日光や他の暖房機器の温風があたっていませんか?室温センサー付きのリモコンの場合は、正しい室温が検知できなくなります。

ガスファンヒーターがつかない

チェックポイントアドバイス
スイッチはロックされていませんか?操作パネルの鍵マークに従い、ロックを解除してください。 

ガスファンヒーターが暖まらない

チェックポイントアドバイス
フィルターがほこりで詰まっていませんか?掃除機などでフィルターのほこりを吸い取ってください。 

ガスファンヒーターが途中で止まる

チェックポイントアドバイス
フィルターサインは点滅していませんか?掃除機などでフィルターのほこりを吸い取り、お掃除をしていただく必要があります。
換気をしていますか?1時間に1~2回程度、換気をしてください。

ガス機器が使えない

チェックポイントアドバイス
ガスの元栓は開いていますか?開いていないときは元栓を開けてください。 
他のガス機器は使えますか?他のガス機器も点火しない場合は、原因としてガスメーター(マイコンメーター)でガスを遮断している可能性があります。
マイコンメーターは点滅していませんか?ガスメーターのランプが点滅している場合
ガスメーターの復帰方法はコチラ >

ガス臭い時は、戸を開けガス栓を閉めた上ですぐに東京ガスまでご連絡ください。
ガス臭いときはコチラ >

水道光熱費が高い

チェックポイントアドバイス
東京ガスの電気はチェックしましたか?現在は電力の小売自由化となっておりまして、電力会社を自由に選ぶことができます。私ども東京ガスも新電力会社となり、東京ガスの電気をお選びいただけるようになっておりますので、ぜひ一度ご検討してみてくださいね。
東京ガスの電気はコチラ >

※上記リンク先から、東京ガスの電気契約をWebでお申し込みされる場合、「お申し込みコード」欄に「9615400」を入力していください。 
節水型設備への交換・設置
節水型トイレへの交換、台所・浴室水栓・シャワーの節水型水栓への交換、食器洗浄乾燥機の設置などにより水の使用量を抑え水道料金、ガス料金を抑えることができます。東京ガスのウルトラ省エネブックも参考にしてみてください。
「ウルトラ省エネブック」はコチラ >

ガスメーターの復帰方法を忘れた

チェックポイントアドバイス
ガスメーターに説明書はついておりますか?メーターに付いている説明書に復帰方法のご説明が載っておりますので、まずはそちらをご確認いただければと思います。
ガスメーターに説明書がついていない場合ガスメーターの復帰方法はコチラ >

もしくはお気軽に当社までご連絡ください。お電話でご説明、または訪問にてご説明させていただきます。

ご相談・修理受付・その他のお問い合わせ

ご相談・修理受付・その他のお問い合わせは、こちらのフォームからご連絡ください。