冬場の給湯器凍結について(凍結したら)

給湯器からお湯も水も出なくなった場合には、給湯器の凍結の可能性があります。
給湯器の配管が凍ったまま使用すると給湯器が破損する原因となります。熱湯をかけることも機器や配管・バルブを痛める恐れがあるためお勧めしません。

この場合は、
①給湯器のリモコンの運転を「切」にする(電源コードは抜かない)
②気温が上昇して自然に融けるまでお待ちください
③水が出るようになったら、リモコン電源を入れご使用ください

どうしても、お湯を使わなければならない時は応急処置として、
①リモコンの運転を「切」にして、台所などの給湯栓を少し開けておきます
②ガス栓を閉めます
③タオルを給水元栓のまわりに巻きます
④ぬるま湯を、元栓に巻いたタオルにゆっくりかけます
⑤元栓が回るようになったら、家の中の開けていた給湯栓を閉めます
⑥タオルを外し、給水元栓のまわりについた水を乾いた布で拭き取ります
(この方法はあくまで緊急措置ですので、自己の責任でお願いします!)

凍結が予想されたら

我々が担当しているエリア(熊谷・鴻巣・行田の地域)では、気温が2℃くらいになると翌朝に電話が多くかかってくるようです。
そんな時には以下の対策もお試しください。
・リモコンの運転を「切」にして、キッチンや浴室の給湯栓から少量の水を流したままにする。
・凍結予防機能のある給湯器の場合は、浴槽に水を循環させる穴の上まで残り湯を残すか水を張っておく。
・給湯器の配管に保温材をまく。「給水管」「排水管(ドレン管)」に市販の保温材(スポンジ)とビニールテープで配管を保温します。

以上、第1ステップの例をご参考にご案内しました。

上記のほか下記のような症状別のお困りごともご相談ください。

  • ポタポタ水漏れする
  • ジワジワ水が染み出す
  • 水が出ない
  • お湯が出ない
  • 水栓が固い
  • 蛇口が壊れた
  • 蛇口がさびてきた
  • 便器が割れた
  • トイレの水が流れない
  • トイレが詰まった
  • 水道の水がおいしくない
  • 節水したい
  • コンロの火がつかない
  • 火が付きにくい
  • 火花が出ない
  • 煮こぼして不安
  • コンロのレバーが破損した
  • ゴトクが壊れた
  • ゴトクがさび付いた
  • 途中で火が消えてしまう
  • 炎の色がおかしい
  • 炎が赤い
  • お魚がうまく焼けない
  • なべ底が焦げる
  • 煙がこもる
  • 時短料理をしたい
  • コンロ掃除が面倒
  • 便利な機能を使いたい
  • 最新の機器が知りたい
  • 最新の機器が知りたい
  • 最新機器を試したい
  • 給湯器やお風呂・湯沸し器が、火が付きにくい
  • お湯が温まらない
  • 設定湯温にならない
  • お湯が温まりにくい
  • 急にお湯が出なくならないか
  • 台所とお風呂などお湯の同時使用で湯量が少なくなる
  • 急に壊れないか心配
  • 点検してほしい
  • お部屋が温まらない・寒い
  • 冬場はキッチンや脱衣所、浴室が寒い
  • 急にお湯が出なくならないか心配

また次のような器具別・設備別・部位別で、

コンロ、給湯器、風呂釜、湯沸し器、ファンヒーター、の故障点検・修理・買替相談や、エアコン、トイレ、水栓、シャワー、照明、などの点検・修理・交換・相談から水まわり、ガスまわり、電気まわり、扉・ドア、内装、外構、家全般について豊富な実績があります。

他社とは違った、透明な料金設定、親切・丁寧でお客さまに寄り添った説明・対応、東京ガス・メーカー・自社の研修を積んだプロ社員の技術力、をお確かめください!

信頼の東京ガスグループエネスタ4店舗を運営する、地元密着50年安心のサイカンへ、お任せください!

第2ステップ以降は、我々サイカンの運営するエネスタにお任せください!

「ガスのこと」「電気のこと」「水まわりのこと」「キッチンのこと」「浴室のこと」「洗面所のこと」「トイレのこと」「リビングのこと」「お部屋・窓・鍵のこと」「屋外・屋根・壁のこと」etc.、困ったらエネスタへ。エネスタは暮らしと住まいの救急箱です!

お電話・Webでのご連絡をお待ちしてます!

電話・Webでのお問い合わせ・ご相談は原則無料です。
ご訪問させていただく場合は、出張点検料がかかる場合がありますので担当にお尋ねください。

ご相談・修理受付・その他のお問い合わせ

ご相談・修理受付・その他のお問い合わせは、こちらのフォームからご連絡ください。